セブンネット株式会社

新聞折込広告基準

折込広告の社会的影響を考慮し、以下に該当する広告はお取扱いできませんのでご了承ください。

1. 責任の所在及び内容が不明確なもの

  • 広告主名、所在地、連絡先が記載されていないもの。
  • 広告の意図する内容が不明確であいまいなもの。

2. 虚偽または誤認されるおそれがあるもの

  • 公正・客観的な根拠無く「日本一」「絶対安心」のような最大級・絶対的表現を使用した広告。
  • 根拠の無い比較対象価格を表示し、実際よりも著しく有利であると思わせる価格表示をした広告(二重価格表示広告)。
  • 商品が準備がなされていないのに掲載するなどの『おとり広告』
  • 社会的に認められていない許認可、保証、賞または資格などを使用して権威づけようとするもの。

3. 公序良俗を乱す表現の広告

  • 露骨な性表現、暴力、とばく、麻薬、売春などの行為を肯定、美化したもの、残虐な表現のある広告。犯罪を誘発するおそれがあるもの。

4. 不動産広告

  • 「宅地建物取引業法」「不動産の表示に関する公正競争規約」で定める要件を満たしていない広告。

5. 求人広告

  • 求人企業・事業主の所在や実態、その事業内容等、募集にかかる掲載項目の内容が明示されていないもの。
  • 広告に履歴書が印刷されている場合、本籍地、家族関係、宗教、支持政党など差別に繋がる可能性のある項目があるもの。
  • 求人広告に見せかけ、物品などを売りつける広告。

6. 名誉棄損、プライバシーの侵害、信用棄損、業務妨害となるおそれがある表現のもの

  • 広告内容に著しい誹謗中傷表現がある広告。

7. 選挙に関する広告

  • 公職選挙法の要件を備えていない選挙広告。
  • 選挙運動期間前であっても事前運動とみなされる場合。

8. 弁護士関係の広告

  • 『弁護士の業務広告に関する規程』及び『外国特別会員の業務広告に関する規程』により定められた範囲を逸脱した内容の広告。
  • 非弁護士活動の広告

9. 医療・医療品の広告

  • 医業、歯科医業、病院、診療所、助産所に関して「医療法」で定める範囲を逸脱した広告。
  • 医薬品、医薬部外品、化粧品、医療用具、特定疾病用の医薬品、承認前の医薬品等に関して「医薬品等適性広告基準」定める範囲を逸脱した広告。

10. 健康食品の広告

  • 医薬品的な効能・効果を表示した広告

11. 金融関係の広告

  • 金融、利殖の広告で将来の利益を誇示、確約を明示した広告。
  • 商品投資に係る事業の規制に関する法律等、各関連法規・業界自主規制により定められた範囲を逸脱した広告。

12. 氏名、写真、談話および商標、著作物などを無断で使用したもの。

13. その他

  • 不正競争防止法、景品表示法、特定商取引法、著作権法、薬事法などの法令及び各業界自主規制で定められたルールを遵守していない広告。

平成14年5月17日改正 日本新聞協会(抜粋)

自治体で定めた条例、各地域で定めた折込広告基準により不適と判断された広告はお取扱いできません。