COLUMN Webビジネスのトレンド情報

NEW SEO

Web広告とは?運用するメリットや種類を紹介!



Web広告は年々市場が拡大しており、現代においてなくてはならないマーケティングチャネルの一つです。
その重要性やWeb広告の種類などご紹介いたします。

Web広告とは、インターネット(Web)上にあるメディア(媒体)に掲載される広告の総称です。

テレビ、ラジオ、新聞、雑誌に代表される従来のオフライン広告(マス広告)の対比として、インターネットを介した広告全般が該当します。
Webサイトや検索エンジンの検索結果ページ、SNSのタイムラインなどに設けられた広告枠を利用して、広告を出稿させることで商品やサービスの認知拡大や売上向上を狙う仕組みです。

従来の大量生産、大量消費時代は消費者の行動も予測しやすいものでしたが、現在は個人の行動や趣味嗜好も多様化しています。

国民皆が同じものを一緒に楽しむ時代ではなくなっているため、ユーザーの属性や興味関心を絞り狙ったユーザーにリーチしやすいWeb広告は、
現代においてマーケティングやコスト面で非常に重要性が増しています。

代表的な7つのWeb広告について、それぞれの特徴をご紹介します。

  • リスティング広告
  • 純広告
  • ディスプレイ広告
  • アフィリエイト広告
  • 動画広告
  • SNS広告
  • メール広告

リスティング広告は検索連動型広告とも呼ばれており、GoogleやYahooなどの検索エンジンの検索ワードによって広告を表示されます。
検索連動型の広告であり、ユーザーが広告をクリックしたタイミングで費用が発生します。

チラシプラス_リスティング広告


純広告とは、Webサイトやアプリ上の広告枠を買い取って掲載する広告を指します。純広告には、Webサイトに画像・動画・音声などを用いて広告表示させるリッチ広告や、Webサイトの記事・アプリの中に画像やアニメーションを用いて表示するバナー広告など複数の種類があります。

ディスプレイ広告とは、Webサイトに設けられる広告枠に掲載できる広告のことです。アドネットワーク広告とも呼ばれます。ディスプレイ広告はテキストだけでなく、画像や動画なども出稿できます。ターゲットユーザーが訪れる複数のWebサイトやアプリに広告表示できるため、認知拡大に貢献できるのがメリットです。

アフィリエイト広告とは、成果報酬型広告のことです。アフィリエイターと呼ばれる発信者たちが自身のWebサイトやブログ、メールなどに商品の広告リンクを貼り付け、リンクから商品の購入やサービスの利用があった場合にのみ費用が発生する仕組みです。

動画広告はYouTubeなど、動画サイトを利用したWeb広告です。現在の主流は、インストリーム方式と呼ばれる、動画サイトの映像開始前に流されるものです。

SNS広告とはFacebook・Instagram・TwitterなどのSNSプラットフォームを活用した広告です。SNS広告ではSNSのタイムラインやストーリーズなどで配信され、細かくターゲティングしたユーザーに配信できるのが大きなメリットです。

メール広告は、その名の通りメールに企業や商品などに関するリンクURLなどを入れたWeb広告です。広告としての役割ももちろんありますが、企業と顧客のコミュニケーションのきっかけのために使われることもあります。

Web広告費用の課金方式の仕組みの一部以下に記載しますので、実施の参考にしてください。

【Web広告の課金方式】

  • CPF   フォロワー獲得するごとに課金される
  • CPC   広告がクリックされるごとに課金される
  • CPM  広告が1,000回表示されるごとに課金される
  • CPAC   アプリへのクリックごとに課金される
  • CPI   アプリ広告でアプリがインストールされるごとに課金
  • CPV  動画広告が最後まで再生された、もしくは15秒以上再生されるごとに課金

まとめ

ここまでWeb広告の運用方法や様々な種類を紹介しました。
Web広告はマス広告と比較すると、料金を抑えられ、ターゲティングして配信できるため費用対効果を高められます。
自社に合ったWeb広告を実施やご相談など弊社までお気軽にお問い合わせください。


関連キーワード